文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

平成30年9月のまちの活動記録

公開日:平成30年10月16日

弥生の夜話会in下之郷史跡公園

古代のお米の話を聞く夜話会の写真

開催日:平成30年9月25日(火曜日)

中秋の名月にちなんで、下之郷史跡公園(国史跡)で「弥生の夜話会」が開かれました。市内在住の今いま関ぜき 信のぶ子こ(児童文学者)さんが司会役となって「赤米」をテーマに下之郷遺跡の魅力や弥生時代の米作りなどを話しました。「赤米を使ったお月見団子」もふるまわれ、参加者約90人が月夜を眺めながら、秋の夜長を楽しんでいました。

野洲川下りや漁師料理の魅力学ぶin田園空間博物館

野洲川の魅力を学ぶ参加者の写真

開催日:平成30年9月22日(土曜日)

野洲川の自然や歴史、漁師料理の魅力を伝承する野洲川でんくうの会が開催され、17人が参加しました。講演会では、流域での刺し網漁のほか、歴史公園の場所にあったとされる堤遺跡の概要などが紹介されました。その後、鯉こいの煮付けやワカサギの天ぷらなどに加え、シジミの味噌汁で漁師料理を堪たん能のうしていました。

食物アレルギーの災害対策を考えるinすこやかセンター

災害時のアレルギー対応食を学ぶ参加者の写真

開催日:平成30年9月22日(土曜日)

医療スタッフによる食物アレルギー対応の子ども食堂「スマイルシード」の主催(県小児保健医療センター後援)で、対象親子15家族が参加して、非常食作りや防災クイズなど、災害時の備えについて学びました。参加者は「災害時の炊き出しなどは食べられないと思うので、こういう機会があってよかった」と話していました。

職場体験を前に職業講話を聞く活動in北中学校

プロフェッショナルの仕事を学ぶ生徒の写真

開催日:平成30年9月21日(金曜日)

守山北中学校2年生157人がパティシエや映画監督、警察官、元五輪ベスト8の選手、美容師など9人の職業人から仕事について学びました。これは職業に対する考えを深め、広げてもらう目的で行われ、美容師職では生徒代表が実際に髪の毛をセットしてもらうなどの体験も交えた講話で、仕事の楽しさと苦労を学んでいました。

秋の全国交通安全運動出動式in守山警察署

出動するサイクルポリスの写真

開催日:平成30年9月20日(木曜日)

秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)を前に、一日警察署長の北きた向むき 珠み 夕ゆうさん(旭化成キャンペーンモデル)やジュニアポリス(若鮎保育園児)たちを招いて出動式が行われました。出動式に先立ち、株式会社ジャイアントからパトロール用自転車3台の寄贈式も行われ、サイクルポリスもまちのパトロールに出動しました。

子どもたちが矢島かぶらを栽培in十二里町

矢島かぶらの種をまく子どもたちの写真

開催日:平成30年9月17日(月曜日・祝日)

玉津の伝統野菜「矢島かぶら」を地域の子どもたちと栽培しようと、十二里自治会、子ども会、楽農十二里クラブ(営農クラブ)が矢島かぶらの種を播ま きました。12月の収穫を楽しみに子ども13人と大人8人、楽農クラブの高齢者が参加。同クラブでは栽培のほか出荷もしており、収穫祭後、学校給食や市内の店舗へ卸おろす予定です。

速野ふれあいウォーキングin木浜漁港など

ウォーキング参加者らの写真

開催日:平成30年9月15日(土曜日)

「食と美を訪ねて~湖岸のびわこの再発見」と銘打った速野まるごと活性化事業の一環で行われました。木浜漁港に集まった27人の参加者は、普段自動車などで通り過ぎてしまう湖岸を、ゆっくり歩いて佐川美術館を訪ね、芸術の秋を堪たん能のうした後、再び漁港に戻り琵琶湖の幸をたっぷり使った料理に舌した鼓つづみを打っていました。

第35回高齢者芸能発表大会in市民ホール

舞台発表の写真

開催日:平成30年9月14日(金曜日)

高齢者芸能発表大会」が市民ホールで開催されました。大勢の観客が見守る中、芸げい達たっ者しゃな高齢者48組約300人が民謡やコーラス、オカリナ演奏など日ごろの練習成果を披露しました。参加者らは、ほかの出演者に刺激を受けたり、励まし合ったりと交流しながら、出演者としても観客としても楽しい時間を過ごしていました。

ひなぎくこども園児らが消防署を見学in北消防署

消防ホースを持ち上げる園児たちの写真

開催日:平成30年9月14日(金曜日)


ひなぎくこども園の4歳児54人が北消防署を訪れ、救急車の中を見学するなど消防士たちの仕事に理解を深めました。水の通った消火ホースは、みんなで持ち上げても重く、きびきびとした動きで放水する消防士を見学した園児たちは「かっこいいね」と目を輝かせていました。また、見学中に出動する救急車に「忙しそうで大変だね」と話していました。

祖父母お招き会で交流深めるin古高保育園

祖父母と交流ううする写真

開催日:平成30年9月14日(金曜日)

敬老の日(9月17日)にちなんで、113人の園児が祖父母を招いて交流しました。クラスごとに歌を発表して成長ぶりを見てもらったり、一緒に抱っこや手遊びをして交流を深めました。来年度から民設民営の保育園となるため、古高保育園での祖父母交流は最後になります。歌の発表を聞いた3歳児のおばあちゃんは「毎日見ているのに、成長ぶりに涙がこぼれました」と話していました。

月夜の子守歌コンサートin市民ホール

美しい歌声が響くコンサート会場の写真

開催日:平成30年9月9日(日曜日)

市民ホール玄関ロビーでプロムナード・コンサートが開かれ、守山音楽連盟の会員の佐川康子さん(ソプラノ)らが声楽とピアノによる美しい旋律を響かせ約100人の鑑賞客らを酔わせました。「月夜の子守歌コンサート」と銘打って、歌い継がれる子守歌やイタリアの月夜にちなんだ歌などを優しい歌声で歌い上げ、秋の宵を彩りました。

「バスの日まつりinびわこ」inピエリ守山

バスの車体に絵を描く子どもたちの写真

開催日:平成30年9月2日(日曜日)

バスに親しんでもらおうと滋賀県内のバス事業社が企画、ピエリ守山で開催されました。会場では、バスのボディにお絵かきをするコーナーがあり、子ども達が大好きなキャラクターなどを描いていました。参加したした子どもは「実際に市内を走るバスを見るのが楽しみです。」と話していました。また、県内で活躍する二階建観光バスやネコバスなど17台の展示や、バスに関わる中古グッズ販売も行われ大勢の家族連れなどでにぎわっていました。

第5回もりやま健康フェスティバルin済生会守山市民病院

糖尿病の簡易検査会場の写真

開催日:平成30年9月2日(日曜日)

済生会守山市民病院で開催され、約350人の市民らが参加しました。気軽に楽しく健康づくりに取り組んでもらおうと、血糖値や骨密度、血管年齢など簡易検査や医師によるミニ講座を行いました。また、地域の健康推進員による毎日の食事メニューを検証するコーナーも設けられ、参加者らは各コーナーを回って自身の身体状態を把握したり、生活改善を相談するなどして健康への関心を高めていました。

小津学区長杯スポーツ大会で児童ら長なわとびin小津小学校体育館

息を合わせて長なわとびを跳ぶ児童らの写真

開催日:平成30年9月2日(日曜日)

小津小学校で長なわとび(子どもの部)が開催されました。長なわとびは体育館で行われ、学区6自治会の子どもたちが11人以上のチームに分かれて挑戦。練習をはじめたばかりの時は、1回も跳べずにいたチームも、挑戦を重ねるごとに皆の息が合い「1、2、3…」と大きな声をあげながら回数を重ねてました。熱戦の結果、大林・杉江チームが優勝をもぎ取りました。

第37回野洲川冒険大会いかだくだりin新庄大橋~幸浜大橋

野洲川をゆったりくだる手作りいかだの写真

開催日:平成30年9月2日(日曜日)

新庄大橋上流(笠原運動公園付近)~幸浜大橋上流(野洲川親水公園)の野洲川約2.1kmを手作りいかだで下る、野洲川冒険大会いかだくだりが開催され、工夫を凝らしたいかだ59艇282人が出場しゴールを目指しました。ゴール付近のイベント会場では、模擬店などのブースが並び、大勢の市民らでにぎわっていました。グランプリいかだはHARDLEY-DANGEROUS号(守山バイカーズ)。

守山ほたる杯争奪少年剣道錬成大会in市民体育館

試合をする少年剣士たちの写真

開催日:平成30年9月1日(土曜日)9月2日(日曜日)

市民体育館で9月1日と2日に開催されました。市内の剣道教室をはじめとする県内外の小学生、中学生剣士が集結し。竹刀を交わす音を響かせながら団体戦(1チーム5人の勝ち抜き)の熱戦を繰り広げました。優勝した悟道館後藤道場(ごどうかんごとうどうじょう)(小学生・岐阜県)と福井養正観(ふくいようせいかん)(中学生・福井県)には、優勝杯とともに文部科学大臣賞の賞状が贈られました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp