文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

令和1年10月のまちの活動記録

公開日:令和元年11月6日

伊勢遺跡展in市立図書館

遺跡のジオラマを観賞する来場者の写真

開催日:令和元年10月14日(月曜日・祝日)~10月20日(日曜日)

弥生時代後期(紀元後1~2世紀)の集落跡で、近畿地方最大の規模を誇る伊勢遺跡の魅力を知ってもらおうと、伊勢遺跡保存会が市立図書館で行いました。伊勢遺跡の歴史を説明したパネルや出土した土器の模型、当時の人が着用していた貫頭衣のレプリカなどが展示され、市民らはジオラマ(遺跡復元予想図)を熱心に観たり、歴史に思いを馳はせて楽しんでいました。

放課後児童クラブ研修会in北消防署

不審者対応の訓練をする参加者の写真

開催日:令和元年10月11日(金曜日)

子どもを守るための不審者対応について、守山警察署協力のもと放課後児童クラブの支援員向けに訓練を実施しました。警察官扮する子どもの保護者を名乗る不審者が来たという想定で、職員役と児童役の支援員が通報や応対、児童の避難などの訓練を行いました。参加者たちは「どうやって子どもを落ち着かせたら良いのかなど課題を改めて感じた」などと話していました。

市内の起業家が職業講話in南中学校

起業家の話を聞く生徒たちの写真

開催日:令和元年10月9日(水曜日)

守山南中学校の2年生330人が、職業体験を前に市内の起業家から話を聞く職業講話の授業に参加しました。例年は業種や職種、仕事内容などを学びますが、今年は「守山で起業し働く」ことを選択した起業家20人を講師に招き、守山を選んだ理由などをトーク形式で学びました。生徒たちは「将来なりたい職業があるのでがんばろうと思った」などと話していました。

子育てサロン「ひまわり」の大運動会in中洲会館

玉入れの協議を楽しむ子どもたちの写真

開催日:令和元年10月8日(火曜日)

中洲公民館の学区子育てサロン「ひまわり」の運動会「ひまわりオリンピック」が開催されました。0~2歳の親子16組が手作りの聖火を手に入場。玉入れや牛乳パック積みなどのプログラムに、子どもたちはにぎやかなひとときを楽しんでいました。参加者は「子どもが『早く行こう』と楽しみにしていました。私も家にこもっているより気分転換になります」と話していました。

平和学習で戦争について学ぶin立入が丘小学校

戦争の話に耳を傾ける児童の写真

開催日:令和元年10月8日(火曜日)

立入が丘小学校の6年生75人が県平和祈念館の職員を講師に招いて平和学習を行いました。
太平洋戦争に出征した人や空襲に巻き込まれた人の話、食べ物が少なかった当時の食事など、暮らしの様子を伝えることで、戦争を身近に感じてもらえる授業内容で、児童たちは展示された防災頭巾や軍服などにふれて平和の尊さを学んでいました。

守山市美術展覧会in市民ホール

熱心に鑑賞する来場者の写真

開催日:令和元年10月5日(土曜日)~10月13日(日曜日)

日本画、洋画、彫塑、工芸、書、写真の6部門の作品291点が出品され、期間中に約2、000人が来場しました。オープニングセレモニーでは、市展委員の講演や佐川美術館学芸員によるスペシャルトークが行われたほか、市展賞や第50回記念特別賞などの表彰が行われました。その後の鑑賞会で来場者は市展委員たちの解説を聞きながら作品を鑑賞しました。

デフサッカーで人権学習in北中学校

デフサッカーを体験する生徒の写真

開催日:令和元年10月3日(木曜日)

デフサッカーとは「音のないサッカー」と呼ばれる聴覚障害者のスポーツです。
守山北中学校でUー23 デフサッカー日本男子代表監督を招いて人権学習が行われました。聴覚障害は他人には認識されにくいといわれています。授業ではグラウンドに場所を移して、言葉を使わず身振り手振りで情報を伝えたり、デフサッカーを体験して障害者の人権について学びました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp