文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

令和1年11月のまちの活動記録

公開日:令和元年12月18日


市民活動屋台村in市民交流センター

活動紹介をする市民グループの写真

開催日:令和元年11月24日(日曜日)

市民交流センターで行われ、市民活動に関心のある人や実践している人など約700人が参加しました。
駐車場を含む全館をあげたイベントで、ステージ発表をはじめパネル展示や実演展示、模擬店など37の市民活動団体が日ごろの活動をアピールしました。訪れた市民らはステージ発表や活動展示など思い思いのブースで足を止めて、市民活動への理解を深めていました。

地域福祉フォーラム2019in市民ホール

パネルディスカッションの写真

開催日:令和元年11月23日(土曜日・祝日)

市と守山市社会福祉協議会の共催で、自治振興表彰や社会福祉功労者の表彰、社協ほっとホット福祉大賞の表彰後、住民参加型のイベントが行われました。参加者らはボランティアの展示紹介や「みんなが主役のまちづくり」をテーマにパネルディスカッションで地域福祉を学んだほか、コンサートや折り紙体験、子ども食堂カレー総選挙などの催しを楽しんでいました。

もりやま冬ホタル2019点灯式in駅前緑地公園

イルミネーションで飾られた公園の写真

開催日:令和元年11月17日(日曜日)

もりやま冬ホタル2019の点灯式が駅前緑地公園で行われました。集まった人々と一緒に点灯のカウントダウンが行われ、「点灯」の掛け声とともに駅前緑地公園や駅前総合案内所前などのイルミネーションが一斉に点灯。きれいに映える駅前の風景を道行く人々は写真を撮ったりしながら堪能していました。もりやま冬ホタルは令和2年1月31日まで開催されます。

吉身東町自治会自主防災訓練in吉身小学校

避難所設営の訓練をする参加者の写真

開催日:令和元年11月17日(日曜日)

市の避難所運営マニュアルに従い、指定避難所の吉身小学校体育館で避難所の開設・運営訓練(HUG)が実施されました。
琵琶湖西岸断層帯を震源とする地震発生の想定で、訓練参加者の心構えや発災後の初動体制、関係機関との連携体制などを確認しました。避難所での役割や原則に基づいて行動することを全員で確認しました。


としょかん誕生祭in市立図書館

スタンプラリーのハンコをもらう親子の写真

開催日:令和元年11月16日(土曜日)17日(日曜日)

開館1周年を迎えた市立図書館で行われたとしょかん誕生祭では、コンサートや古本市などさまざまな催しが実施されました。
中高生サポーターが中心となって行われたスタンプラリーでは、ヒントになる本を読みながらクイズを解く仕掛けに大人も子どもも夢中で挑戦し、子どもたちは正解して押してもらったきれいなスタンプに満足げな表情を浮かべていました。

七五三の千歳あめをもらったよin今浜樹下神社

千歳袋をもらぅ園児の写真

開催日:令和元年11月15日(金曜日)

ひなぎくこども園の0歳から5歳児までの239人が、近所の樹下神社を七五三に訪れ、「こんなに大きくなりました。ありがとうございます。これからも元気に大きくなれますように」と手を合わせてお願いしました。その後、自分で作ったハートや着物をかたどったかわいい千歳袋を先生から配ってもらい、園児たちは嬉しそうに袋の中をのぞき込んだりしていました。


下之郷遺跡まつりin下之郷史跡公園

弥生時代の雰囲気を楽しむ参加者らの写真

開催日:令和元年11月10日(日曜日)

下之郷史跡公園(国史跡)で恒例の下之郷遺跡まつりが開かれ、大勢の人出でにぎわいました。会場では書道やダンスの舞台パフォーマンスが披露されたほか、土器で炊いた赤米(古代米)やしし鍋の振る舞い、わら細工や狩猟など昔の暮らし、弥生時代の暮らしの体験を楽しんだり、ふろふき大根などを販売する模擬店も並び、訪れた家族連れらが思い思いに楽しんでいました。

ココロとカラダが元気になるフェスタin市民体育館

ニュースポーツに挑戦する参加者の写真

開催日:令和元年11月9日(土曜日)

市民体育館でココカラFes ~ココロとカラダが元気になるフェスタ~が開催されました。子どもから大人まで、スラックラインや障害者スポーツのボッチャ、体力測定などを体験しました。参加者らは企業による健康提案コーナーや学生による食事バランスチェックコーナーで自分の健康状態をチェックして、ココロとカラダを元気にさせていました。

フラワーフェスティバルin立入が丘小学校

花壇の花を摘む子どもたちの写真

開催日:令和元年11月7日(木曜日)8日(金曜日)

立入が丘小学校の園芸委員は、同校児童や近所の保育園、幼稚園の園児らを招いて、花壇に咲き乱れる花々を摘み取ってプレゼントする「フラワーフェスティバル」を開催しました。花壇に入った子どもたちは、思い思いの花を自由に積み取り花束にしてもらいました。同校の花壇はフラワーブラボーコンクールで27年連続の受賞を果たしています。

守山市環境フォーラムin市民ホール

ステージで発表する子どもたちの写真

開催日:令和元年11月3日(日曜日・祝日)

初めての環境フォーラムが市民ホールで開催されました。フォーラムは三部構成で気象予報士による基調講演や市内の小・中・高校生による環境学習の成果発表などを行いました。基調講演では、未来の台風や地球温暖化の影響など、身近な問題について学びました。
成果発表では、子どもたちが普段からの取り組みと自分の考えを丁寧にまとめて発表していました。

市政功労者表彰式典in市民ホール

守山市の発展に尽くした受賞者のみなさん

開催日:令和元年11月3日(日曜日・祝日)

文化の日に地方自治や教育、体育振興、福祉の向上、市民の模範となる善行や寄付など、市政の発展に貢献した功労者の表彰式を市民ホールで開催しました。表彰を受けたのは自治功労16人、社会功労4人6団体の合計20人6団体です。厳かな表情で壇上に登った受賞者は、市長から賞状や記念品を受け取り、来場者から祝福の拍手を受けていました。

伊勢遺跡まつりin伊勢遺跡など

大きな火おこしの道具に挑戦する親子の写真

開催日:令和元年11月2日(土曜日)3日(二兆尾・祝日)

国史跡の伊勢遺跡で恒例の伊勢遺跡まつりが開催されました。前夜祭では記念講演や落語が行われ、当日は遺跡の説明パネルや復元予想ジオラマなどが展示されたほか、発掘体験や模擬店などで盛り上がりました。火おこし体験のコーナーでは2m近くある大きな火おこし道具が登場。親子が一生懸命協力して作業を行い、火が起こった時には周りから歓声が上がりました。

大庄屋諏訪家屋敷まつりin大庄屋諏訪家屋敷

諏訪家茶室で一服をいただく参加者の写真

開催日:令和元年11月2日(土曜日)

大庄屋諏訪家屋敷(市文化財)でイベントが行われ、大勢の市民らが訪れました。諏訪家では大津の圓満院から移築したとされるおもむきのある茶室で一服をいただきながら庭園風景を眺めたり、主屋の土間で似顔絵講談を聞くなどしていました。敷地内では小菊盆栽展やクラフト体験、郷土野菜や湖魚の販売やビワパールを売る模擬店の買い物を楽しんでいました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp