文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症の情報・手続き > 症状や重症化リスクに応じて、適切に医療機関をご利用下さい

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

症状や重症化リスクに応じて、適切に医療機関をご利用下さい

公開日:令和4年11月30日

新型コロナウイルスの感染者の増加や季節性インフルエンザとの同時流行により、多数の発熱患者が発生し、医療機関の外来がひっ迫する可能性があります。

医療を必要とする方が速やかに受診できる体制を維持するため、症状や重症化リスクに応じた医療機関の受診やセルフチェック(自己検査)にご協力お願いします。

1 早めのワクチン接種をご検討ください

  • 新型コロナワクチンの接種
  • インフルエンザワクチンの接種

2 発熱やのどの痛みなどの症状が出たら・・・

(1)重症化リスクの高い方や小学生以下のお子様の場合
  • 重症化リスクの高い方は、速やかに医療機関の受診をしましょう。

以下の項目や疾患に該当する方は新型コロナウイルスの重症化リスクが高いと考えられます。

重症化リスクについて

 

  • 小学生以下のお子様の場合、症状は年齢によって様々です。機嫌がよく、辛そうでなければ慌てずに様子を見たり、かかりつけ医にご相談ください。

受診については、守山市ホームページ「発熱などの症状があり、医師の診察を希望する方の受診について」をご確認ください。

重症化リスクの高い方へ(PDF:191KB)

(2)重症化リスクの低い方の場合
  • 新型コロナ抗原定性検査キットでセルフチェックをしましょう。

受診を必要とされない場合は、守山市ホームページ「発熱などの症状があるが、受診を必要としない方について」をご確認ください。

重症化リスクの低い方へ(PDF:340KB)

3 電話相談窓口などの連絡先を確認しておきましょう

【受診・相談センター】

症状について相談したい、受診していいかどうか分からないなどの、新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口です。

○電話番号:077-528-3621(毎日24時間)

○ファクス:077-528-3638 

○メール:coronasoudan@shigaken.net 

聴覚に障害のある方をはじめ電話での相談が難しい場合は、滋賀県ホームページの「ファクス相談用紙」を利用いただくなどし、メールおよびファクスでお問い合わせください。

【小児救急電話相談】

夜間や休日に病院に行ったほうがよいのか、様子を見ても大丈夫なのか、看護師や小児科医師等が電話でアドバイスをします。

○対象者:滋賀県在住の15歳以下のお子様

○電話番号:#8000(一般電話のプッシュ回線、公衆電話、携帯電話)

      077-524-7856(一般電話のダイヤル回線、ひかり電話、IP電話等)

○相談実施日時:平日、土曜日(午後6時から翌朝8時まで)

        日曜日、祝日、年末年始(午前9時から翌朝8時まで)

4 関連リンク

滋賀県ホームページ:この冬は、発熱などへの備え(検査キットや解熱鎮痛薬の購入等)をお願いします。(外部サイトへリンク)

滋賀県ホームページ:症状や重症化リスクに応じて、適切に医療機関をご利用下さい。(外部サイトへリンク)

滋賀県ホームページ:抗原定性検査キットの購入方法と陽性が判明した場合の対応について(外部サイトへリンク)

滋賀県ホームページ:従業員や生徒に証明書を求めないでください。(外部サイトへリンク)

厚労省ホームページ:市販の解熱鎮痛薬の選び方(外部サイトへリンク)

守山市ホームページ:新型コロナウイルス感染症の予防について

守山市ホームページ:濃厚接触の疑いがあると連絡を受けた方について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市健康福祉部すこやか生活課

〒524-0013 滋賀県守山市下之郷三丁目2番5号

電話番号:077-581-0201 ファクス:077-581-1628

sukoyaka@city.moriyama.lg.jp