文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 啓発 > ご注意ください!ハガキでの架空請求が急増中!

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

ご注意ください!ハガキでの架空請求が急増中!

公開日:平成30年8月7日

不審なハガキに関する相談が急増しています。

「総合消費料金未納の訴訟最終通知書」や「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と裁判をイメージさせるような内容のハガキが届いたという相談が守山市消費生活センターに多数寄せられています。これは架空請求のハガキです。

「裁判」や「差し押さえ」などの言葉を使って不安にさせ、ハガキに書かれた「訴訟取り下げ最終期日」までに指定された連絡先に電話をするように仕向けています。受け取った人の不安をあおるために、書かれた期日は非常に短い期間にされていることが多いです。

慌てて電話をしてきた人に対しては、言葉巧みに請求がされます。

実際に届いたハガキです。

実際に届いたハガキを使った啓発チラシです。参考にしてください。

啓発チラシ(PDF:346KB)

こんな手口です。

記載された連絡先に電話をすると、コンビニエンスストアでプリペイドカードを購入させ、電話などでプリペイドカードに記載された番号を聞き出されます。

また、コンビニエンスストアでの収納代行を利用し、直接レジでの現金の支払いを要求されるケースもあります。

そもそも、電話をすることによって相手方に電話番号を知られてしまうことになります。絶対に電話しないようにしましょう。

対処法

身に覚えのない請求に応じる必要はありません。このようなハガキが届いても慌てることなく、無視するようにしましょう。

ハガキは何度も届くことがあります。不安に思われたら、守山市役所市民協働課内の守山市消費生活センター(077-582-1148)または、消費者ホットライン(188)にご相談ください。

ハガキに書かれた連絡先には、絶対に連絡しないでください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市環境生活部市民協働課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1148 ファクス:077-583-3911

shiminkyoudou@city.moriyama.lg.jp