文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

市民提案型まちづくり支援事業の概要

公開日:平成31年3月19日

市民の皆さまのまちづくり活動を応援します!

守山市市民提案型まちづくり支援事業

市では、住みやすさと活気のある地域社会づくりのため、ボランティア団体やNPOなどの市民公益活動団体が自主的、自発的に取り組むまちづくり活動の支援を行っています。

事業の概要

市民提案型まちづくり支援事業は、応募団体からのまちづくり活動の提案を審査し、採択したものに対して、その活動に必要となる経費の一部を助成する制度です。助成を受けた市民公益活動団体には、活動期間内で提案事業を実施し、実績報告をしていただきます。

対象となる団体

市民公益活動団体(ボランティア団体、NPO、各種団体、自治会)

新規に立ち上げる団体も対象となります。

ただし、自治会「自立事業化前提型事業」のみが対象です。

対象となる事業

市内で市民公益活動団体が実施する市民公益活動で次の区分のものとなります(平成27年度より)

助成対象事業

きっかけづくり事業

ステップアップ事業

自立事業化前提型事業

内容

市民公益活動団体が自由なテーマで提案した社会的または地域的な課題の解決に資する事業

市民公益活動団体のもつ知識や経験を活かし、自立した活動を展開することで社会的または地域的な課題の解決に資する事業

市民公益活動団体が、地域が抱える課題をビジネスの手法(サービスの受け手から対価を徴収する方法)により解決する事業

助成金額

上限15万円

(補助率10分の10)


※ただし、事業収入がある場合は、助成金額から差し引くものとします。

上限15万円

(補助率2分の1)

上限50万円

(補助率10分の10)

 

※ただし、事業収入がある場合は、助成金額から差し引くものとします。

交付条件

同一団体への交付は3回を限度します。
※H25年度までの「自由提案型事業」および「テーマ設定型事業」で採択された分を含みます。

同一団体への交付は2回を限度します。
※きっかけづくり事業で3回交付を受けた団体も申請できます。

同一団体への交付は1回を限度します。
※3年以上事業を継続することを条件とします。
(随時中間面談を行い、継続できなかった場合、助成金を返還していただくことがあります。)

その他

毎年4月1日から翌年3月31日までの取り組みを助成の対象とします。
・助成金の交付は、当該年度1団体1事業となります。

対象経費

対象となる経費は、事業を実施するために直接必要な経費のみとします。

審査方法

いずれの事業も申請書類公開プレゼンテーション(事業内容・質疑応答)をしていただいた内容をもとに審査します。
※公開プレゼンテーションでの審査を受けていただくことが、助成の条件となります。

お問い合わせ

守山市環境生活部市民協働課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1148 ファクス:077-583-3911

shiminkyoudou@city.moriyama.lg.jp