文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活相談 > 借金で悩んでいませんか?借金の悩みは必ず解決できます!

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

借金で悩んでいませんか?借金の悩みは必ず解決できます!

公開日:平成31年4月1日

借金の返済でお困りの方はご相談ください

クレジットカードによるショッピング、インターネットを利用しての取引、そしてキャッシングや消費者ローンなどカード1枚ですぐに申し込み、手続きができる便利な社会となりました。

その一方で、返済が追い付かず、次々にカードを作り最終的には生活自体が立ち行かなくなり、誰にも相談できない・・・
そんな方は、遠慮なくご相談ください。

借金の悩みは必ず解決できます。
「どうしよう」と悩んでいるうちに借金は利息でどんどん増えていきます。早めの相談が大切です。

 

守山市消費生活センター(守山市役所市民協働課内)

TEL:077-582-1148

 

多重債務とは?

複数の消費者金融やクレジット会社から借金をし、返済が困難になっている状況を「多重債務」といいます。

借金のきっかけで最も多いのは、低収入や収入の減少により、生活費や教育費などを補うためであることが明らかになっています。一時的に生活費等を補えたとしても、予定通りに返済できなくなると精神的に追い詰められてしまいます。

多重債務に陥ると一人で解決することは困難です。

多重債務状態にあるのでは・・・?と思われた方は、今すぐ守山市消費生活センターへご相談ください。

 

多重債務を解決する4つの方法

任意整理

債務者の支払い能力に応じた返済計画を立て、その返済方法について債権者と話し合いの上、和解交渉をする方法です。

適正な処理を望む場合、自分で判断するよりも弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。

特定調停

裁判所が法律の範囲内で債務額を計算し直し、3年~5年程度の弁済計画を立てます。

自分で申し立てをすることもでき、費用も定額です。

個人再生

破産をせずに経済的な再生を目的としており、住宅ローンを除く債務が3000万円以下で、今後安定した収入が見込める個人を対象にした支援制度です。

住宅を手放さずに債務整理をすることが可能です。

自己破産

返済資金をどうしても用意できないときの最後の手段として、裁判所に破産の申し立てを行い、財産を処分して債務の返済に充て、残った債務は免除してもらう方法です。

自分で申し立てることもできます。弁護士に依頼する場合は、費用が必要になりますが、民事法律扶助制度(※)を利用することにより支援を受けられる場合があります。

 

(※)民事法律扶助制度とは、経済的に余裕がない場合、無料法律相談と弁護士・司法書士費用等を立て替える制度です。資力基準等の利用条件があります。詳しくは守山市消費生活センターへご相談ください。

あなたにどの方法が適しているか一緒に考えましょう。まずは、守山市消費生活センターへご相談ください。

 

 

借金の整理は、あきらめずに問題と向き合うことで解決が図れます。

守山市では、多重債務の当事者だけでなく、家族単位での債務整理、生活の建て直しに必要な行政サービスの情報を提供し、支援するために「守山市くらしの安全ネットワーク」を構築しました。庁内の福祉関係の部署、徴収関係の部署と連携をとり、支援に努めます。

守山市消費生活センターでは、法律相談も案内しています。詳しくはお問合せください。

お問い合わせ

守山市環境生活部市民協働課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1148 ファクス:077-583-3911

shiminkyoudou@city.moriyama.lg.jp