文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症の情報・手続き > ノロウイルス食中毒予防のためのポイント

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

ノロウイルス食中毒予防のためのポイント

公開日:平成29年11月1日

冬は特にご注意ノロウイルスによる食中毒

食中毒は夏だけではありません
ウイルスによる食中毒が冬に多発しています

(1)体調が悪いときは休みましょう。

下痢、おう吐等の症状があるときは、食品を二次汚染させる可能性があるため調理作業をしない。
家族のおう吐等の症状がある場合にも感染している可能性があるため、要注意。

(2)手洗いをしっかり行いましょう。

消毒用石けんやアルコールはウイルスには効果がありませんので、手指を石けんでていねいに30秒以上洗い、手指についたウイルスを流水で完全に洗いましょう。
特に調理前、トイレの後、食事前または下痢やおう吐をした患者の世話や汚物処理した後は念入りに行いましょう。
また、手ふきタオルは共用せず、ペーパータオルまたは個人用のタオルを使用します。

(3)食品は、十分に注意しましょう。

二枚貝等のノロウイルス汚染のおそれのある食品は、中心まで85℃で1分間以上加熱されていることを確認しましょう。

(4)盛り付ける時は、マスク、手袋を着用しましょう。

加熱した食品の盛り付けや最終工程で加熱されない食品(サラダ、和え物、果物、ケーキ等)を取扱う場合は、マスクをし、手袋や箸で直接食品にさわらないようにします。

(5)食品、調理器具はしっかり消毒しましょう。

おう吐物には多くのウイルスが含まれているので、おう吐物は速やかに処理し、処理した床面(座面)等は0.1%の次亜塩素酸ナトリウムで消毒し、手ふき等は新しいものと交換しましょう。

トイレのイラスト

お問い合わせ

守山市健康福祉部すこやか生活課

〒524-0013 滋賀県守山市下之郷三丁目2番5号

電話番号:077-581-0201 ファクス:077-581-1628

sukoyaka@city.moriyama.lg.jp