文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

禁煙週間のお知らせです!

公開日:令和元年5月31日

 5月31日(金曜日)は「世界禁煙デー」です!

世界禁煙デーから一週間「禁煙週間」が始まります。この機会に禁煙について考えてみませんか?

1.世界禁煙デーについて

毎年5月31日は、世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」です。

喫煙による健康へのリスクについての関心と理解を深める日とされています。

2.「禁煙週間」について

厚生労働省は、平成4年から世界禁煙デーから一週間【今年は令和元年5月31日(金曜日)~6月6日(木曜日)】を「禁煙週間」として定めました。

今年度は、2019年7月に学校・病院・児童福祉施設等、行政機関が原則敷地内、2020年4月にそれ以外の施設等が原則屋内禁煙となることを控え、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」を禁煙週間のテーマとしています。

3.守山市の取り組み

守山市では「第2次 健康もりやま21 たばこ対策」において4つの対策を定め、「禁煙週間」をはじめ、さまざまな取組を行っています。

(1)喫煙がおよぼす健康影響についての知識の普及

(2)未成年者の喫煙防止対策

(3)非喫煙者の保護(受動喫煙の防止)対策

(4)禁煙支援

具体的には、 

 ・禁煙個別健康教育

 ・保健師や健康推進員による小中学校での防煙教育

 ・世界禁煙デーの街頭啓発

 ・妊婦への禁煙・防煙教育 などを行っています。

4.たばこの危険性について

(1)たばこの有害物質について

 たばこには4,000種類以上の化学物質が含まれています。そのうち特に身体に悪影響をおよぼすものには、

 「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」があります。

 ・ニコチン:血液の循環が悪くなります。依存性があるため、禁煙が難しくなります。

 ・タール:強い発がん性があり、肺がん、胃がん、咽頭がんなどの原因となります。また、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

 ・一酸化炭素:酸素不足により、息切れや皮膚の老化などがみられます。

(2)COPDについて

 COPDは「慢性閉塞性肺疾患」とも言われ、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれた病気の総称です。

 別名「肺の生活習慣病」、「たばこ病」とも言われています。

 喫煙により肺胞の壁が破壊され、気管支が狭くなり、咳、痰、息切れを起こす病気で、呼吸ができなくなり、酸素ボンベが手放せなくなることも 

 あります。

 

お問い合わせ

守山市健康福祉部すこやか生活課

〒524-0013 滋賀県守山市下之郷三丁目2番5号

電話番号:077-581-0201 ファクス:077-581-1628

sukoyaka@city.moriyama.lg.jp