文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 福祉政策・社会福祉 > 生活困窮 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

公開日:令和4年5月18日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化し、すでに総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対して、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給しています。
当支援金の受付期間は令和3年11月30日までとなっていましたが、令和4年8月31日まで延長となりましたので、申請する際にはご注意ください。なお、新たに支給対象となる可能性がある方には、順次ご案内を予定しています。

また、すでに自立支援金の支給を終え、支給期間中に自立への移行が困難であった方を対象とし、最大3か月間の再支給を行います(申請期日は令和4年8月31日まで)。対象者の要件や申請手続きについては、初回申請時と変更ありません。

支給期間

最大で3か月間支給します。

支給額(月額)

単身世帯:6万円 2人世帯:8万円 3人世帯以上:10万円

対象者

①総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯、②緊急小口資金および総合支援資金(初回)を借り終えた一定の世帯(令和4年1月以降)など

(1) 収入要件
申請月における世帯の収入が次の額を超えないこと(月額)
単身世帯:11.3万円 2人世帯:15.7万円 3人世帯:18.7万円 4人世帯:22.1万円 5人世帯:25.5万円
※6人以上世帯の方はお問い合わせください。
※給与収入の場合は社会保険料等天引き前の総支給額(交通費除く)、自営業の場合は事業収入(経費を差し引いた控除後の額)となります。
※収入には、児童手当、児童扶養手当、年金、失業保険、仕送り等も含みます。

(2) 資産要件
申請日における資産額が、次の額を超えないこと
単身世帯:46.8万円 2人世帯:69万円 3人世帯:84.6万円 4人世帯以上:100万円

(3) 求職活動等要件
今後の生活の自立に向けて、どちらかの活動を行うこと
・ハローワークに求職の申し込みをして、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
・求職活動が困難な場合には、生活保護の申請を行うこと

申請方法

①申請窓口に直接(電話予約)、または、②郵送

※申請窓口は予約制となりますので、事前に生活支援相談課(電話番号:077-582-1161)までご連絡ください。
※書類の不備を防ぐため、できるだけ申請窓口で申請を行ってください。

申請期間

令和4年8月31日(水)まで

再支給

既に本支援金の受給が終了した方で、引き続き要件を満たす場合には、再支給することができる場合があります。対象と思われる方には、本市から申請書等の必要書類を送付いたします。

申請書関係

自立支援金リーフレット(PDF:685KB)

必要書類一覧表(PDF:295KB)

様式1申請書(PDF:130KB)

様式1申請書(記入例)(PDF:162KB)

様式2①確認書(PDF:134KB)

様式2②申告書(PDF:96KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

守山市健康福祉部生活支援相談課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1161 ファクス:077-582-1138

seikatsushien@city.moriyama.lg.jp